キャッシングの審査基準の基礎知識

キャッシングの申込みをするとその人にお金を貸してもよいかどうかを審査することになりますが、そこには結構事細かな審査基準というものが存在しているんです。最も基本的なところですと申込みをされた方の職業に関することですが、当然ながら毎月安定してお給料を手にしている職種の方が審査に通りやすいという特徴があるかと思います。

またどれくらい同じところに住んでいるかということも審査の対象となっており、その年数が長いほどキャッシング審査に通りやすくなる傾向が見受けられます。業者にとって一番のリスクが返済をせずに雲隠れするということですので、長期間同じところに住んでいればその可能性はグンと低くなると見て、審査の際に有利に働いてくるものだと思います。

意外なところでは社会的信用が高そうな既婚者よりも、独身者の方が審査基準が高い場合があるということです。これは結婚をして子供が出来たりすると返済に回せるお金が必然的に少なくなり、結果として延滞が発生する可能性が高くなるという理屈です。もちろんすべての既婚者に当てはまるというわけではなく、逆に高齢の独身者だと審査に受かりにくいケースも存在しています。

他にも色んな審査基準がありますが、申し込む前にしっかりとチェックをしておくことが大事でしょう。


このページの先頭へ