個人事業主が扱うキャッシングやカードローンの選び方

個人事業主の場合、お金の使い道などは法人の場合のように、公私が厳格に区別されるようなところなどはあまりありませんので、そうした状態で使えるキャッシングサービスやクレジットカードなどの形のカードローンの商品がのぞましいといえます。

そうした点を考えてみると、事業主用のカードローンサービスや、法律上の総量規制などを受ける心配などが無い、銀行系のカードローンサービスなどの利用がベストであると考えられます。それらの中でもとくに、銀行系のカードローン商品などは、ある一定の高額な何百万円分までの枠なら、収入証明書類などが不要ですので、そうした面でも大変ありがたい存在です。

また、借り入れをしたりする際には、キャッシング枠のあるカードを利用したい場合には、クレジット機能をゼロにする、あるいはそれが出来ないような商品の場合には、最初からキャッシングサービスのみしか扱わないカードローンの商品を選んでいくといった判断がベストです。

ただ、商品によっては、キャッシング枠付のものの場合には審査が落ちやすいといったようなものもあるようですので、そのようなものの場合には、クレジット機能枠のみで申し込んでみると審査が通りやすいようです。ただ、それでも現時点での収入状況や総資産額のあり方などにもよりますので、注意が必要です。


このページの先頭へ