審査の際、安易な嘘はつかない!

審査の申し込みを行う際、細かな記入が必要になります。住所や電話番号はもちろん、勤務先や雇用形態、勤続年数。その他にも年収や他社からの借入件数と金額なども記入する事になります。

もちろん、すべての情報において、嘘偽りなく、本当の事を記入する事が鉄則です。しかし、利用者の中には、「これぐらいは?」と言う安易な考えや少しでも審査に通りやすいように嘘を記入する人もいるようです。

しかし、ウソは必ずバレると思っておいた方が良いと思います。カードローンやキャッシングの審査の場合、信用情報機関と言う機関を通し、審査を行います。そこには、様々な情報が集結しています。もちろん、他社の借り入れなども、その場で確認する事ができる仕組みになっているのです。その為、他社からの借り入れなど嘘をついた場合、一目瞭然で嘘だと確認されてしまうのです。

一旦、嘘だと確認された場合、信用は0になったと思ってもいいかと思います。それほど、審査の際の嘘は大変な事態に陥ってしまうのです。

また、悪意のない間違いであっても、信用情報機関から見れば、悪意があるのかないのかなど判断する事はできません。嘘は嘘だと判断されるのです。その為、必ず、記入間違いがないか確認する事も忘れてはいけません。


このページの先頭へ